校長だより

明るい選挙啓発ポスターコンクールに入賞しました

校長だより

明るい選挙啓発ポスターコンクールに入賞しました

平成25年度「明るいポスターコンクール」に本校生徒が応募し、2年生の古家さくらさん、類家菜月美さん、高見茉奈さん、広瀬遥さん、安原由結さん、1年生の竹本舞花さんの6名が入賞しました。おめでとう。そのなかでも、古家さくらさんの作品が「最優秀賞」を受賞しました。おめでとう。昨日、豊中市選挙管理委員会事務局の方々と豊中市明るい選挙推進協議会の会長で本校定時制課程にて振興会会長を長年務めて頂きました 田邉昭夫 様がわざわざ本校までご来校いただき校長室にて表彰状と記念品の授与式をしていただきました。田邉会長自ら授与していただきました。ありがとうございました。入賞した生徒の皆さんたちはとても喜んでいました。今後の励みになったと思います。

写真は受賞後の賞状を持っての記念撮影です。

吹奏楽交流コンサートが開催されました

11月10日(日)午後3時30分から大阪音楽大学「ザ・カレッジ・オペラハウス」にて、岩手県立大槌高等学校吹奏楽部と大阪音楽大学吹奏楽団そして大阪府立桜塚高等学校吹奏楽部による「東日本大震災 被災地復興支援」吹奏楽交流コンサートが豊中市・大阪音楽大学の共催そして豊中市社会福祉協議会の協力により開催されました。当日はあいにくの雨模様でしたが、会場のオペラハウスには満員の観客の皆様が駆けつけてくれました。そしてたくさんの温かいご声援をいただきました。本当にありがとうございました。

大槌高校の皆さんはバスで15時間以上かけて前日の9日(土)早朝に岩手県から大阪まで来てくれました。大変疲れていたとは思いますが、一生懸命演奏してくれました。本校の吹奏楽部の部員の皆さんも大変緊張していましたが、やはり一生懸命演奏していました。大阪音楽大学の吹奏楽団の皆さんは後輩の高校生たちを優しく導いていただき重厚な演奏を披露してくれました。素晴らしいコンサートでした。私も含めて多くの観客の皆さんは感動で胸がいっぱいになっていたと思います。

コンサートの様子を紹介します。

第Ⅰ部の最初は本校吹奏楽部による演奏でした。指揮は顧問の 當麻 樹杏 先生と部員の皆さんでした。

2番目は岩手県立大槌高等学校吹奏楽部による演奏でした。指揮は顧問の 金丸 元 先生でした。

休憩をはさんで、第Ⅱ部の最初は大阪音楽大学吹奏楽団による演奏でした。指揮は 大阪音楽大学 講師の 小野川 昭博 先生でした。

最後は3校の合同演奏でした。指揮は 大阪音楽大学 特任教授の 丸谷 明夫 先生でした。

職員研修を行いました

10月25日(金)に「発達障がい」~生徒への理解と支援のために~「ある小児科医が診た発達障がい」というテーマで現在豊中保健所 参事・予防課長で前 市立豊中病院 小児科部長の 松岡 太郎 先生に講師としてご来校いただき職員研修を行いました。小児科医としての長年のご経験を踏まえての非常にわかりやすいお話を聞くことができました。勉強になりました。まだまだお話をお聞きしたいと思いますので、また次回もお願いしたいと思います。今回はお忙しい中、本当にありがとうございました。

写真はその時の様子です。

明日の親のための講演授業「生きる」を行っています

今週の月曜日21日から1年生を対象に、明日の親のための講演授業「生きる」を今月の31日(木)までの予定で行っています。1年生の9クラス全クラスで行っています。講師は豊中市地域教育協議会会長で本校の後援会である「桜援会」の役員と本校の学校協議会の委員もして頂いている 伴野 多鶴子 さんです。平素から大変お世話になっています。今回もありがとうございます。本校で講演授業をして頂くのは今年で6年目になります。「親」を学ぶ・「親」をつたえるというテーマで講演をして下さっています。生徒たちは授業に役割参加しながら様々な角度から親になるために必要なことが何かを真剣に考えています。将来、自分たちが親になるときに今回の授業が役に立ってもらえたらと思っています。

写真はあるクラスでの授業の様子です。

後期自治会選挙の立会演説会を行いました

9月26日(木)6限目に運動場で後期自治会執行部の役員選挙にともなう立会演説会を行いました。会長候補以下7名の生徒の皆さんのそれぞれの演説に全生徒が聞き入っていました。演説会終了後各教室にて、投票が行われ全員が信任されました。新執行部の役員の皆さん頑張って下さい。期待しています。写真は立会演説会の様子です。

新しい学校案内の表紙・裏表紙を校内で募集しました

本校の新しい学校案内を作るに当たって、表紙と裏表紙については生徒の作品から選ぼうと、9月上旬に美術の山﨑先生にお願いしましたところ、3年生6名、2年生6名の合計12名の生徒の皆さんから応募がありました。どれも力作ばかりで甲乙つけ難かったです。写真は応募のあった12作品です。校長室前の廊下に展示していますので、ご覧下さい。12名の皆さん本当にありがとうございました。決定した作品についてはまた改めて掲載する予定です。

海外語学研修の説明会を行いました

今年度、来年3月に桜塚高校としては初めての海外語学研修をアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ周辺に11日間の日程で行います。英語研修と現地家庭でのホームステイを中心に各種アクティビティなども実施し国際感覚を身に付けてもらおうと企画しています。豊中市との姉妹都市関係にあるサンマテオ市への表敬訪問や現地の高校での交流も予定しています。

その生徒向け説明会を今日の昼休みに行いました。40名を超える生徒が参加してくれました。保護者向けの説明会は今週の土曜日、21日午前10時から本校会議室で行いますので、申込されていない方も大歓迎ですので関心のある方はご参加下さい。お待ちしています。写真は今日の説明会時の様子です。

文化祭を開催しました。ご来校ありがとうございました。

以下は文化祭閉会式における講評です。

閉会にあたって一言お話しをします。 今日は天候にも恵まれ保護者やご家族の皆様、地域の皆様、卒業生の皆様、とりわけ中学生の皆様など、たくさんの方が本校を訪問して下さいました。

(来場者 2500人超)

今年は「さくらのミュージアム」のテーマで桜塚生の独創力と創造力を発揮し「桜塚」色いっぱいの文化祭になりました。1年1組で全体企画として岩手県陸前高田市での図書館再建のために古本を集めての寄付。この8月にボランティアバスで被災地に行った生徒の皆さんの写真や感想などの展示もありました。また、「さくら協定」のテーマソングを文化祭全体企画実行委員会の皆さんが作ってくれました。私も何度も聞きましたが、いい曲ですね。皆さん曲名に投票してくれましたか?

体育館でのオープニングから始まり、体育館では1年生1クラス、2年生1クラス、3年生4クラスの合計6クラスのステージでの演劇・ダンス、ダンス部、筝曲部(そうきょくぶ)、演劇部、吹奏楽部の演技、演奏が行われました。午前中は体育館でステージを中心に観ましたが、どれも練習の成果がよく出ていたと思います。

教室では各クラス企画のお化け屋敷、縁日等のイベント、調理、喫茶などそれぞれ趣向を凝らした企画が盛りだくさんでした。また、文化系クラブではESS部、イラスト部、音楽部、科学部、家庭科部、軽音楽部、茶道部、写真部、美術部等のクラブの日頃の活動の成果が発表されていました。たくさんのお客さんが並んでいたので全ての企画に入ることはできませんでしたが、どれも素晴らしかったと思います。

3年生にとっては最後の文化祭になりましたが、思い出がたくさんできたのではないでしょうか。3学年共に来週からはモードを切り替えて新たな気持ちで勉強や部活動などに臨んでもらえたらと思います。

最後になりましたが、自治会執行部の皆さんをはじめとして、各クラスの文化委員の皆さんを中心にして各クラス、各クラブの努力により素晴らしい文化祭になりました。ご苦労様でした。ご指導頂いた自治会の担当の先生方、担任の先生方をはじめ全ての教職員の方々のご尽力で素晴らしい文化祭になりました。皆さんに感謝を申し上げて私の講評とします。

ドイツからの留学生とイギリス人の英語の先生が来られました

今朝1時間目の最初に放送でドイツからの留学生とイギリス人の英語の先生を紹介し簡単にご挨拶をしてもらいました。ドイツからはファニー・ルチック(Fanny  Luczyk)さんが今日から来年の6月末までの期間、本校に留学生として2年生に在籍することになりました。今日はすごく緊張していましたが、今後色々なクラブを見学しクラブにも入部したいと話していました。在籍する2年生は11月に台湾に修学旅行に行きますが、修学旅行にも参加予定です。みなさんよろしくお願いします。

イギリスからはカスタンス・イモジエン・マーグリット(Custance  Imogen  marguerite)先生が今日から今年度末までの予定で英語の先生として教えて下さいます。先生は日本に来られて5年ほど経つということで日本語も非常にお上手です。色々とご教示いただけると思いますので、みなさん積極的に話をして欲しいと思います。よろしくお願いします。

ご挨拶

平成25年4月1日付で校長として着任しました加藤孝之です。どうぞよろしくお願いします。そしてホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は2年前の平成23年4月1日に本校定時制課程の准校長として赴任しました。ですから、今回の異動は本校定時制課程から全日制課程への異動ということになります。

4月8日に行われた入学式で361名の新入生を迎えました。新入生の表情には初々しさの中にもこれから始まる新しい高校生活へ期待する気持ちがいっぱい溢れていました。 入学式の式辞では、「伝統を受け継ぎながら、桜塚高校の新しい歴史を自ら築き上げていくという意気込みをもって、学校生活を送って欲しい」、「入学それ自体が目的ではなく、新たな出発点なので目標をもって、学校生活を送って欲しい」「鍛えなければならないのは今です。自分の限界はどこまで可能なのかに是非挑戦して下さい」と話をしました。

今後、生徒、保護者、地域の皆様のご期待に応えるべく教職員一丸となって最善を尽くす所存です。よろしくお願いします。