校長だより

新聞記者による国際理解の出前授業を実施しました。

校長だより

新聞記者による国際理解の出前授業を実施しました。

 11月27日(火)、3年GSC国際理解の授業に、毎日新聞大阪本社社会部の千脇康平記者をお招きしました。千脇さんはこの夏、同社の2018世界子ども救援キャンペーンでイラクを訪れ、IS(イスラム国)との戦いの痕跡がいたるところに残るイラク北部を取材されました。授業では、瓦礫となった町並みや戦いで両親を亡くし避難民キャンプに暮らす子どもたちの様子や取材の過程で感じた事などを、写真や映像を交えて率直にお話していただきました。

 後半は千脇さんご自身の大学進学に関することや新聞記者になった経緯をお話いただきました。また新聞などのメディアが社会において果たす役割についても説明していただきました。生徒たちの「被害者の家に一斉におしかけるというのがメディアのイメージ」といった辛らつな意見や、「新聞社の給与水準は?」などという質問の1つひとつに、真摯に答えていただきました。

アメリカの5名の留学生がプログラムを終えて帰国

 8月後半に来日、2学期初めから桜塚高校で一緒に勉強していたアメリカ・ワシントン州シアトルのバラード高校の生徒5名が、約3か月のプログラムを終えて、11月19日(月)帰国の途につきました。15日(木)のホームルームで所属したクラスにお別れの挨拶を行い、17日(土)には校内でさよならパーティーを開きました。留学生たちは「日本での出来事をけっして忘れません」「学校生活は毎日とても楽しくてエキサイティングでした」「日本語がかなり上達した」「食堂のカツカレーをもう一度食べたい」といった感想を口々に話してくれました。

 期間中、お世話になったホストファミリーの皆様に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。

インドネシア・東ジャワ州代表団が来校

 11月13日(火)の午前、インドネシア・東ジャワ州政府の教育関係者と教員・高校生の一行22名が桜塚高校を訪れました。東ジャワ州は大阪府の姉妹州で、2015年と昨年、本校からもそれぞれ3名の生徒が東ジャワを訪問しています。

 歓迎セレモニーの後、東ジャワの生徒は3年「国際理解」の授業に参加し、インドネシアと日本についてお互い質問をしました。桜塚高校生は、ラマダーン(断食)月の過ごし方などイスラームの生活習慣を興味深く質問していました。授業の後は生徒たちの案内によるスクールツアーを行いました。

Saihul Rachman東ジャワ州教育長官と本校・中田校長

授業での交流(3年GSC国際理解)

昨年、東ジャワを訪問した本校生徒が一行にご挨拶

世界一新しい国の話 ~GSC国際理解の授業~

 10月30日(火)のグローバルスタディ・コミュニケーションコース(GSC)3年国際理解の授業に、デビッド・ゴレ氏(大阪大学大学院法学研究科博士課程・国際公共政策)をゲストスピーカーとしてお招きしました 

 ゴレ氏の故郷、南スーダンは2011年に独立した最も新しい国連加盟国です。独立後は内戦もありましたが、現在は停戦合意が成立し、新しい国づくりがスタートしています。世界一新しい国は、潜在的な希望と可能性に満ちた国でもあります。ゴレ氏は、豊かな自然や多様な文化、豊富な地下資源に恵まれた南スーダンの過去・現在・未来をスライドなども交えてお話してくれました。授業の大半は英語で行われました。

授業の後もサッカー・イングランドプレミアリーグの話題で盛り上がる

中国からの留学生が一緒に勉強しています

 独立行政法人国際交流基金の「心連心」(中国高校生長期招聘事業)で9月に来日した中国人留学生・黄飛逸(Huang Feiyi)さんが、通学を始めて1ヶ月が過ぎました。放課後は美術部で活動するなど、学校生活にもすっかり慣れてきました。来年7月まで桜塚高校で勉強を続ける予定です。

図書館でクラスの友人と過ごす黄さん(中央)

現在、桜塚高校では中国・フランスからの長期留学生各1名と、アメリカから3ヶ月間の短期留学生5名の計7名の留学生が学んでいます。

いきいき長寿フェアのポスターを本校生徒がデザインしました

「いきいき長寿フェア」(主催:豊中市介護保険事業者連絡会・豊中市)のポスターに
2年加福菜摘さんが担当しています。市内各所に掲示されていますので是非ご覧ください。

市の担当者と記念撮影

ポスターデザインはこちら↓
いきいき長寿ポスター2018

中国の高校生29名と交流

 中国吉林省の高校生29名が、9月7日(金)に来校、授業や放課後の活動で本校生徒と交流しました。

 外務省が推進する対日理解促進プログラム「JENESYS2018」の一環として4日から来日中の一行は、東京での予定を終えて前日に大阪に到着。7日は午前中の歓迎セレモニーに続いて、午後からは1年生の「国語総合」と2年生の「GSC課題研究」の授業を一緒に受けました。放課後は自治会、ESS国際交流部の生徒や留学中のアメリカ人生徒の案内で校内を見学、茶道部がお点前でもてなしました。

 両国の生徒たちは、英語、漢字の筆談、スマホの翻訳アプリなどいろいろな方法で一生懸命コミュニケーションをとっていました。2年GSCで中国語を学ぶ生徒たちにとっては貴重な会話実践の時間となりました。

課題研究の授業

授業を終えて記念撮影

 

歓迎セレモニーで記念品をいただきました

楽しい国際交流のひと時を過ごしました

 

フランスから長期留学生がやってきました

 フランスから長期留学生がやってきました。Stella Bevilacqua(ステラ)さんです。 9月3日から来年の6月末までの約10ヶ月間、2年生のGSC(グローバルスタディコミュニケーション)コースで一緒に勉強します。日本の文化を勉強し、将来は通訳の仕事がしたいそうです。みなさん、よろしくお願いします。

クラスの友達と一緒に(中央がステラさん)

アメリカから5名の短期留学生がやってきました

 アメリカ・ワシントン州シアトルから5名の短期留学生がやってきました。8月27日(月)から11月中旬までホームステイしながら桜塚高校に通い、日本の文化を学びます。

校長室で

ESS国際交流部主催のウェルカムパーティ

ニュージーランド語学研修より帰国しました

マウンテンビュー高校を中心に、現地では約1週間の日程で行われた「ニュージーランド語学研修」を終えて、8月10日に参加生徒13名全員が元気に帰国しました。英語を中心とした今後の学習意欲を強く動機づけられる研修旅行となりました。

クライストチャーチ空港で、お世話になったジョン先生と共に