校長だより

ウズベキスタンの短期留学生が帰国します

ウズベキスタンの短期留学生が帰国します

 TIFA(国際交流の会・とよなか)の招きで、9月から桜塚高校1年生のクラスで学んでいたウズベキスタンからの短期留学生Dilshodbek(ショッド)君が所定のプログラムを終えて帰国することになりました。最終登校日の12月12日(木)にクラスでお別れ会を開きました。ショッド君は両国の教育システムの違いにたいへん興味を持ったそうで、母国の経済発展のために貢献したいという帰国後の抱負を話してくれました。