校長だより

平成23年2学期終業式講話

校長だより

平成23年2学期終業式講話

この1年をふりかえり、いつもより少し時間をかけて皆さんにお話ししようと、今日は教室での放送による式にしてもらいました。

この1年は、普段われわれをいやしてくれる自然が脅威となりました。3月11日の東日本大震災の前にも、1月霧島連山の新燃岳の噴火、2月、ニュージーランドの強い地震。

震災後も9月には台風12号の豪雨、タイの洪水による被害など記憶に新しいところです。

こうしてみると、私たちは、命をまもるべく、いつ起こるかもしれない自然災害やその他の危難に備えなければならない、ということがよくわかりました。

同時に、支援していただく人やそのお気持ちに感謝をすることで、少なくとも心は、温めることができ、そういう人間関係を大事にしなければ、ということも知ったはずです。

この一年、皆さんの間にも、けっして良いことばかりがあったわけではないでしょう。しかし、私は、皆さんが桜塚高校生として、多くの「善意」や「元気」を運んでくれたことを誇りに思っています。さまざまな形で、地域の老若男女、多くの方に喜んでもらいましたし、部活には保護者のかただけでなく多くの方に応援していただきました。一人ひとりが高校生としての純粋な気持ちをぶつけ、誠意をもってあたれば、必ず何かをつかめると思います。

今日は、私の方から来年の話をひとつ、お知らせしておきます。

一つは教科準備室が移動します。年末に国語科の先生の場所が、LAN教室横に移動します。

そして、国語科の準備室だったところと、現在の職員室を一緒にして大きな職員室にする工事や移動をこの年末から年初に行います。

ただ、大きな職員室の完成―すべての机やいすがそろうのは3月末になりますので、大きな職員室の使用は来年度からとなります。

なぜ、大職員室にするのか。 これまで担任の先生方に用事があるときなど、教科ごとに散らばっている、先生の教科の準備室へ行かねばなりませんでした。

来年からは、職員室へくれば担任に会える、という風にしたいのです。

もし担任の先生が不在でも学年の先生がいて、所在をきいたり、ついでながら、と教科の質問に応えてもらうことや何気ない会話ができるかもしれません。

先生方は、あなた方の積極的な質問や問いかけに応えてくれることとおもいます。

そうして、先生と生徒のコミュニケーションがより、密になり、進路や勉強についての質問やその他の質問がしやすい雰囲気ができればと思います。

1月の段階では、まだ、完成していませんので国語科以外はこれまでと同じですが、みんなで協力して風通しのいい桜塚高校にしたいと思います。

この企画に賛同していただき、応援していただいたのは、皆さんの先輩である同窓会(尚和会―約3万人)、PTAの保護者の方,後援会である桜援会の方々です。

大職員室は大阪府教育委員会の支援も含め、桜塚高校への思いで、日頃よりあなた方を心から応援していただいている皆さんの愛情の成果です。

この多くの方々への感謝を忘れず使っていきたいとおもいます。3年生は、卒業生としてぜひ、職員室を訪れてください。

この2学期、私の心に残っていることをひとつふたつ。

8月の始業式で、大槌町をはじめ震災の被災地へボランテイアとして行った人たちの言葉をおぼえていますか?

現実に起こったその場所、被災された方々の感情を一身に受け、自らの人生を考えてくれました。

私はあの文章に心を打たれ、本校のHPや大阪府の他の高校の人が読む「メルマガジン」にあの文章を掲載してもらいました。

ある府立高校の校長先生は、ぜひ紹介したいからと英文に訳し、外国の方にも紹介されました。

豊中市の危機管理官からのお話から生まれた企画で、訪れる機会を得、そしてその場所で感じたもの、は文章だけで表し尽くせるものではありません。

参加した人に一生その時の自分の心や感情として残りつづけるものだと思います。

もうひとつ、つい先日12月16日、3~4月の岡町商店街横断幕アートなどの活動が認められ、大阪府青少年賞という知事表彰をうけました。美術専攻生が地元をテーマとして描いたアートが、地域を活性化させたと認められたのです。皆さんが学校所在地の地元の良いところをみつけ、表現してくれたことが街の大きな力になったということです。

それ以外にも、この1年の一つ一つの体験、があなた方の大きな糧となっています。桜塚高校では、在学中にまず、しっかりした学習習慣を身につけてもらい、そのうえで、新たな体験を求めて積極的に部活動・行事・ボランテイアに取り組んで人間力を高めてもらいたい、と考えています。

成果として残るもの、あるいは、形として残らなくても「経験・体験」としたものは必ずあなた方の中に残ります。それらを糧として、さらに成長できるよう来年のことを考えてみてください。 では、身体や安全に留意し、英気を養って良い年をむかえてください。

平成23年12月号

街には、大きなクリスマスツリーや装飾を施された木々が目立っています。

年の瀬を迎える準備が、着々とすすみ、やがて来る新しい年に想いを馳せるようになっていきます。

12月という、区切りの月を迎え、この1年をどのように振り返ろうか、と考えてみました。

よくある、漢字1字であらわすと・・・・。

「動」になるのかな、と。

東日本大震災はまさに、地球規模で「動」。

津波の「動」は、想像を絶するものでした。

原発による人の「動」きも、翻弄される心も「動」でした。

大阪府の教育も大きく「動」 私学への生徒の大きな「動」によって、公立や教委は大きく「動」(私学もそうでした)。

大阪府も、大阪市も首長の交替で大きく「動」 本校の2年生は、2学期末考査が終われば、北海道へ「動」。 修学旅行です。

3年生もいよいよ正念場、2011は終わっても彼、彼女たちの人生はこれから。

中学3年生の受験生の皆さんも充実した年の瀬、年初を迎え、自分の希望をかなえられる よう頭と体を「動」。元気な姿で入学されるよう祈っています。2011

平成23年10・11月合併号

10月号はすっかり遅くなってしまい、11月との合併号でお許しください。

さて、大阪府教育委員会の海外教育先進事例視察団として、10/17~10/19の3日間ですが、中国は上海へ行ってきました。

上海という都市、中華人民共和国という国が持つエネルギーを、教育というフィルターを通して見ることができました。具体的には、教える先生の「自信にあふれ無駄のない授業展開」。教わる生徒たちの「元気で、輝いた眼で臨む受講態度」を見た、ということです。そこで教える先生たちと話し合い、生徒たちに話を聞いてきました。

日本と中国では、政治制度や社会のありようも異なっています。「人口減少社会」「少子高齢化」の日本、「右肩上がり経済」の中国。教育に関わるバックグラウンドの異なる互いの教育を同列に論じることはできません。

高校への進学率が95%前後の日本、中国では40~50%といいます。ほとんどの人が高校へ進学し、50%の人が大学へ進む日本。中学から高校へは半分の人が進む中国、競争社会と認識している生徒や保護者が生き残ろう、生き残らせたいと励んでいます。

上海における「語学教育」や、中国のなかでの先進地域である上海がもつ使命を、中学・高校(中国でいう「中学」)現場の先生や生徒がどのように感じ実践しているか、どのように力を蓄え発揮しようとしているか、その力を将来どのように活かそうとしているのかを感じてきました。

指導力のある先生は覇気があります。力を伸ばす子は元気です。

ひるがえって、

上海にまけない桜塚高校だと思います。素直に優しく人を包むことのできる生徒は成人し、自らの目標をしっかりとらえ、努力します。多くの先輩方がそう実践されています。

これからも「多文化社会への理解と参画」「地域社会との交流・貢献」で本校生はさらにパワーアップできると確信しています。11/10~11/23には豊中中央公民館との連携企画「私のとっておきの桜塚高校(場所)」、11/19(土)には豊中市長も出席いただいてイベントを行います。

11/19~21にはベトナムから22人を迎えて国際交流も行います。自分を大事にすることは人を大事にすること、人と協働できる人は互いに成長できる人だと思っています。11/5の桜塚高校の「学校説明会」へ来ていただける方、待っています。