校長だより

新入生の皆さんへ 学校長より

新入生の皆さんへ 学校長より

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

学校長の田尻です。

本来ならば、皆さんの顔を見ながらお祝いの言葉を述べるべきところですが、現在、新型コロナウィルス感染症により、大阪において多くの感染者が出ているため、感染を防ぐ目的での府立学校臨時休業が続いています。

 

 現時点では、5月6日まですべての教育活動が行えない状況です。さらに、緊急事態宣言が発動されているなか、さらなる対応が求められることも考えられます。1日も早く皆さんと会えることを楽しみにしています。

 

 私たち教職員、関係者、在校生は、新しいステージへの一歩を踏み出そうとする皆さんの門出を、全校あげて祝福し、歓迎します。

 そして、一刻も早く感染が収束し、皆さんの楽しく明るい高校生活が始まることを心から願っています。

 

さて、皆さんが今日から高校生活を送る、「桜塚高校」は昭和12年に設立され、今年83年目を迎える伝統ある学校です。

これまで、多くの卒業生が本校を巣立ち、様々な分野で活躍をしています。

その本校が、開校時から受け継いでいる校訓は、

「明朗(めいろう)」「敬虔(けいけん)」「奉仕(ほうし)」の3つです。

「明朗(めいろう)」とは、「明るく朗らか」

「敬虔(けいけん)」は、「人をうやまい慎む」

そして、「奉仕(ほうし)」は、「自分の利害にかかわることなく、人や社会のために尽くす」という意味を持っています。

 

 世の中が進歩し、情報化や機械化が進む中、本当の意味での心の触れ合いが希薄になっていると言われています。

このような時代であるからこそ、「自らの幸せと共に、他人の幸せを大切にする心の豊かさ」が必要です。皆さんが、将来、多くの人と共に社会生活を送っていくうえで、とても大切な力です。

ぜひ、この3つの「校訓」を心に置きながら、高校生活を送ってください。

 

また、本校は、「多文化社会において、高い志と夢を持ち続け、リーダーシップを発揮する人材の育成」が教育目標です。

年々、社会のグローバル化は進み、そのスピードは加速度を増しています。

皆さんがこれから生きていく社会は、国を超え、文化を超え、様々な考えや価値観を持った人たちと共存していかなくてはなりません。

多くの文化が共存する社会で活躍していくためには、物事を広くとらえる視野に加え、多くの人と繋がるための「人間力」、そしてそれを生かす「チャレンジ精神」が必要となります。

 

本校には、国際的視野を広げ、知識を深める「グローバルスタディコース」が設置されています。また、「インターネットの活用による主体的な学習活動」や「基礎力の定着を目的とした朝学」、国際的視野を育むための海外研修や留学生の受け入れ、大学や専門機関と連携した特別授業など、皆さんの成長につながる取り組みがたくさんあります。

ぜひとも、積極的にチャレンジし、社会を切り拓く力を持った、グローバルリーダーに成長することを期待しています。

 

それでは、入学にあたって皆さんに2つのことを伝えたいと思います。

 

まず、一つ目は、主体的な高校生活を送って欲しいということです。

学習活動も、様々な行事も、与えられたものをこなすだけでなく、自らの将来に夢を持ち、その実現に向けて、自分自身の力で取り組んでください。

失敗をすることもあると思います。しかし、そこから学ぶことも多くあります。

結果をおそれることなく、前向きに取り組んでください。

 

本校は、部活動も活発で、多くの生徒が生き生きと活動をしています。

まさに「文武両道」の高校生活を送ることができる元気のある学校です。

ぜひ、皆さんにも、充実した高校生活を送って欲しいと思います。

 

2つ目は、仲間とのつながりを大切にして欲しいということです。

多くの高校がある中で、本校に入学した皆さんは、運命的な出会いをしました。  3年間、ともに学び、ともに成長する大切な仲間です。

仲良く、支え合い、励まし合い、協力しながら、楽しい高校生活を作り上げてください。お互いの人権を尊重し、思いやりの心を大切にしてください。

360名すべての生徒が「75期生であることの喜び」を実感できる、素晴らしい学年になることを期待しています。

 

しばらくの間は、登校日と自宅学習になりますが、前向きに取り組み、良いスタートを切ってください。皆さんの高校生活が、楽しく、そして大きく成長する3年間であることを心から願っています。

また、この間、学習に対する不安で落ち着かない日が続いていると思います。また、つらい思いや、ストレスを感じている皆さんも多いと思います。

残念なことではありますが、この緊急事態を乗り越えるために、今は、力を合わせなければなりません。

私たち、教職員は、皆さんの不安の解消や学習保証に向け、力を合わせ、できるだけのことを行っていきたいと考えています。

健康状態をはじめ、何か相談事がありましたら遠慮なく学校に連絡をしてください。よろしくお願いします。

 

今、私たちに大切なことは、一人一人の意識や行動の積み重ねが、多くの命を救うことにつながることを心にとどめ、自らはもとより、家族をはじめとする全ての人々の命を守るために責任ある行動を取ることです。

 生徒の皆さんも、不要不急の外出を避けるとともに、マスクの着用や手洗いの励行など、感染のリスクを下げる行動をとってください。

 また、重篤化する割合の高い、高齢者や持病のある方を守るためにも、感染拡大を防止するための行動を心がけてください。

 

 一刻も早く事態が収束し、皆さんの高校生活をはじめとする日常生活が通常に戻ることを心より願っています。

 

                 大阪府立桜塚高等学校 校長 田尻 肇