校長だより

在校生の皆さんへ 学校長より

在校生の皆さんへ 学校長より

在校生の皆さん、学校長の田尻です。

この4月、本校の校長に着任をいたしました。

本来ならば、皆さんの顔を見ながら挨拶をすべきところですが、現在、新型コロナウィルス感染症により、大阪において多くの感染者が出ているため、感染を防ぐ目的で、臨時休業がおこなわれています。

 

 現時点では、5月6日まですべての教育活動が行えない状況です。さらに、緊急事態宣言が発動されているなか、さらなる対応が求められることも考えられます。1日も早く皆さんと会えることを楽しみにしています。

 

 この間、学習に対する不安で落ち着かない日が続いていると思います。また、部活動の練習ができないことや、公式戦や発表会が延期や中止になることで、とてもつらい思いや、ストレスを感じている皆さんも多いと思います。

残念なことではありますが、この緊急事態を乗り越えるために、今は、力を合わせなければなりません。

私たち、教職員は、皆さんの不安の解消や学習保証に向け、力を合わせ、できるだけのことを行っていきたいと考えています。

健康状態をはじめ、何か相談事がありましたら遠慮なく学校に連絡をしてください。よろしくお願いします。

 

今、私たちに大切なことは、一人一人の意識や行動の積み重ねが、多くの命を救うことにつながることを心にとどめ、自らはもとより、家族をはじめとする全ての人々の命を守るために責任ある行動を取ることです。

 生徒の皆さんも、不要不急の外出を避けるとともに、マスクの着用や手洗いの励行など、感染のリスクを下げる行動をとってください。

 また、重篤化する割合の高い、高齢者や持病のある方を守るためにも、感染拡大を防止するための行動を心がけてください。

 

 さらに、この臨時休業期間は、授業を実施することができないため、「自学自習」が中心となります。

 学校の時間割のように設定された時間帯がない分、自覚の有無が生活習慣に大きく影響します。まずは、基本的な生活習慣の確立を心がけてください。

 何となくその日を送るのではなく、あらかじめ「自分自身の時間割」を設定し、計画的な学習を進めてください。特に3年生は、指定校推薦など進路実現に大きな意味を持つ1学期になります。1日1日を大切に過ごしてください。

一刻も早く事態が収束し、皆さんの高校生活をはじめとする日常生活が通常に戻ることを心より願っています。

 

                 大阪府立桜塚高等学校 校長 田尻 肇