校長だより

台湾・板橋高級中学の生徒75名が来校

台湾・板橋高級中学の生徒75名が来校

 4月16日(月)、台湾の板橋高級中学(高校)の生徒75名と頼春錦校長先生ら教員5名が来校し、3年生の生徒と交流を行いました。

 昨年の台湾修学旅行で同校を訪れて大歓迎を受けた生徒たちは、再会を喜び合い、交流を楽しみました。

 体育館での歓迎セレモニーでは、両校校長あいさつの後、両校生徒がお互い英語と相手の国の言葉でスピーチを行いました。そのあと、桜塚のダンス部が演技を披露、ついで板橋の生徒たちがペンライトを使った踊りやONE OK ROCKの曲の合唱を披露してくれました。

 セレモニー終了後、75名の3年生がバディとして板橋の生徒たちをマンツーマンでもてなし、校舎内を案内しました。一緒に授業を受けたり昼食をとったりする間、お互いの卒業後の進路や将来の夢を語り合いました。