校長だより

新聞記者による国際理解の出前授業を実施しました。

新聞記者による国際理解の出前授業を実施しました。

 11月27日(火)、3年GSC国際理解の授業に、毎日新聞大阪本社社会部の千脇康平記者をお招きしました。千脇さんはこの夏、同社の2018世界子ども救援キャンペーンでイラクを訪れ、IS(イスラム国)との戦いの痕跡がいたるところに残るイラク北部を取材されました。授業では、瓦礫となった町並みや戦いで両親を亡くし避難民キャンプに暮らす子どもたちの様子や取材の過程で感じた事などを、写真や映像を交えて率直にお話していただきました。

 後半は千脇さんご自身の大学進学に関することや新聞記者になった経緯をお話いただきました。また新聞などのメディアが社会において果たす役割についても説明していただきました。生徒たちの「被害者の家に一斉におしかけるというのがメディアのイメージ」といった辛らつな意見や、「新聞社の給与水準は?」などという質問の1つひとつに、真摯に答えていただきました。