校長だより

タグラグビー教室を開催

校長だより

タグラグビー教室を開催

 1月18日(土)、ラグビー部が小学生対象のタグラグビー教室を開催しました。桜塚小学校の30人以上の子どもたちが参加しました。
 本校ラグビー部員が一緒にウォーミングアップや技術指導を行いました。高学年はゲーム形式の練習を中心に、低学年はボールに慣れることに重点をおいて練習しました。少し寒い中でしたが、前回参加してくれた子供たちが多く参加してくれました。「タックルしてみたい!もっと試合したい!」と元気な声が響きわたりました。 
 終了後は小学生の豚汁大会に部員・顧問とも参加させていただき、みんなでわいわい、体も心も温まりました。小学生の保護者の方、協力して頂いた皆様、ありがとうございました。
 顧問・部員一同、次回の開催を楽しみにしています。

ダンス部 73期生CREST 全国大会出場!

2019年11月16日(土)

ミスダンスドリル選手権秋季大会

関西地区予選の女子Hiphop Large編成部門に出場し、3位に入賞しました!

 

2020年1月19日(日)

全国中学校高等学校ダンスドリル冬季大会に出場いたしました!

女子Hiphop Large編成部門で、作品を披露してきました。

 

惜しくも入賞には至らず、悔しい思いをしましたが

全国の舞台で最高の演技ができたこと、嬉しく思います!

岩手県立大槌高校の瀬戸校長先生に来校いただきました

114日(日)岩手県立大槌高校の瀬戸校長先生に来校いただきました。平成23年3月東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町の復興支援を豊中市が関わられることになりました。平成238月復興支援の豊中市ボランティアバスに本校生徒も参加したことがきっかけで、大槌高校とはさくら協定を結び、今にいたっています。本校創立80周年にお祝いに来ていただいたり、今年度は大槌高校創立100周年には、私がお祝いに行ってまいりました。今回来校いただいた機会を生かし、豊中市長様訪問も含め、記念の桜等校内を見ていただきました。

 

 

軽音楽部 大阪府警察コミュニティープラザで演奏

1月18日(土)、梅田地下街直結の大阪府警察コミュニティープラザにて行われた「NESSOコンサート」に軽音楽部が参加し、キャンディーズの「春一番」やザ・ピーナッツの「恋のバカンス」など昭和の歌謡曲を披露しました。観客は年配の方が多く、懐かしんでられたのが印象的でした。また、このイベントは2日間開催され、両日とも桜塚高校軽音楽部が司会を務めました。

ソフトテニス部 市民大会でベスト8!

茨木市民大会に本校のソフトテニス部が出場しました。

男子は予選リーグ敗退でしたが、

女子はリーグを勝ち上がり、ベスト8の結果でした。

とよなか景観まちあるきブック2019の作品制作を本校生徒が担当

とよなか景観まちあるきブック2019 ~服部天神駅周辺~が発行されました。(発行:豊中市都市計画推進部都市計画課、協力・ガイド:NPO法人とよなか歴史と文化の会)

桜塚高校73期生美術選択者・美術部が作品制作を行いました。

21名の生徒の作品が掲載されています。豊中市内の各施設に配布されているので是非ご覧ください。

 

「本年度文化功労者 宇多 喜代子氏による俳句実践講座」を実施しました。

桜塚高校6期卒業生で、11月に文化功労者に選ばれた宇多喜代子先生が、1月9日、一年生を対象に講演をして下さいました。「総合的な探究の時間」の一環として行われたもので、体育館で俳句についてのお話を伺った後、それぞれの教室に戻って俳句を作っている間、先生はすべての教室を回られました。「がんばってる?」「がんばってます。でも難しいです」「日本の風や雨には季節によっていろいろ名前があるんですよ。冬なら時雨とか北風、春ならば東風(こち)とか、ね」 宇多先生はどの教室に行っても気さくに声をかけられます。

俳句作りの魅力の一つは人生に「退屈」や「あいにく」が無くなることだそうです。ふつうなら「あいにくの雨」と思うところを、「雨」もまた俳句の好対象となるということなのです。また、俳句には原則として季語があります。だから俳句を作ることは四季を感じ自然を観察することにつながります。「みんな下を向き過ぎよ。空を見上げてご覧なさい」「自分の周りにある身近なものを定点観測してごらんなさい。リアルに触れることが魅力的な大人になることにつながりますよ」先生の言葉は温かくて深い。言葉の端々から、若い人たちに寄せる先生の思いが伝わってきました。今回めいめいが一句ずつ短冊に書いたものを先生はすべて見て下さるとのこと。返却されるのを楽しみにお待ちしたいと思います。

 

宇多喜代子先生略歴:平成18年(2006年)現代俳句協会5代目会長に就任

          平成20年(2008年)旭日小綬賞

          平成28年(2016年)日本芸術院賞

          令和 元年(2019年)文化功労者

 

宇多喜代子先生おすすめの本:

『ことばの歳時記』山本健吉(角川ソフィア文庫)

         『17音の青春』神奈川大学広報委員会編(角川書店)

         『芸人と俳人』ピース又吉(集英社)

『季語で読む徒然草』西村和子(飯塚書店)

         『季語で読む枕草子』西村和子(飯塚書店)

         『季語で読む源氏物語』西村和子(飯塚書店)

(ご自宅の書棚にあったものをお持ち下さいました。図書館に置いて自由に閲覧して下さいとのことでした。)

DSC_1670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国・梅香女子情報高校生が来校

1月9日(木)、韓国・水原(スウォン)の梅香女子情報高校のバン・ビュンイル校長先生はじめ先生3名と生徒12名が来校されました。2年生GSCのクラスで交流したり、1年生の俳句づくりの授業に参加しました。放課後は有志生徒の案内で、校内の施設見学やクラブ交流を楽しみました。

軽音楽部 大阪府高等学校芸術文化祭に出場

12月28日(土)に藤井寺市立市民総合会館で行われた第40回大阪府高等学校芸術文化祭(軽音楽部門)に出場しました。

当日は11月に行われた予選会を通過した20校が出場し、学校の所在地で南北に分かる「南北対決」という形で盛り上がりました。

来年も出場できるようにまた頑張っていきます。

 

こども園インターンシップを実施

 12月25~27日の3日間、豊中市立ゆたかこども園のご協力を得て、こども園インターンシップを実施しました。将来、幼児教育や保育の分野を目指す生徒を対象にした進路指導の一環で、夏と冬の2回実施しているものです。今回は1年生の希望者が参加して、3歳児・4歳児のクラスで活動しました。この活動を通じて仕事のやりがいや楽しさと難しさ、適性の有無などを知ることができます。豊中市立ゆたかこども園の皆様、ありがとうございました