お知らせ

軽音楽部が府立金剛高校軽音楽部の演奏会にゲスト出演しました

お知らせ

軽音楽部が府立金剛高校軽音楽部の演奏会にゲスト出演しました

12月27日(水)、軽音楽部が富田林市にある府立金剛高校軽音楽部の演奏会にゲスト出演し、交流を深めました。

軽音楽部が芸術文化祭(軽音楽部門)に出場しました

12月26日(火)、軽音楽部が藤井寺市立市民総合会館で行われた芸術文化祭(軽音楽部門)に出場しました。11月に行われた予選を通過した20校が出場しました。桜塚は2年生8人のバンドで「2億4千万の瞳」を演奏させて頂きました。また、この日は1月に行われる大阪音楽大学短期大学部のコンサートにゲスト出演する高校を決めために大学の先生が観に来られており、後日、出演の打診を頂きました。このコンサートは1月27日(土)に梅田のサンケイホールブリーゼで行われます。

 

 

軽音楽部が府立金岡高校軽音楽部の演奏会にゲスト出演しました

12月24日(日)、軽音楽部が堺市にある府立金岡高校軽音楽部の演奏会にゲスト出演し、交流を深めました。

軽音楽部が本校視聴覚室にて部内発表会を行いました

23日は芥川高校、花園高校、常翔啓光学園高校を、25日は金岡高校、豊中高校をゲストとして招待し、交流を深めました。

生徒玄関にクリスマスツリーの飾りつけを行いました

生徒自治会執行部が、生徒玄関にクリスマスツリーの飾りつけを行いました。

定時制と全日制の生徒自治会が協力して、学校を盛り上げようと企画しました。昨年度に引き続きと2回目となります。

今年は,新たに加わった巨大なツリーに,好きな色を塗り、願い事を書いたオーナメントを生徒たちに飾り付けてもらうという企画にしました。

ツリーの装飾が完成するかどうかは,みんなの協力次第です!!

 

 

全日制・定時制の生徒自治会執行部メンバーが協力して飾りつけを行いました

産経新聞社主催「河野裕子短歌賞」において本校生が入選しました

平成22年に亡くなった歌人・河野裕子さんを偲び、産経新聞社が主催する「河野裕子短歌賞」。毎年1万を越える応募がある中、本校生・渡辺優香さんの作品が入選しました。本年度、2年生では「現代文B」の授業で短歌を学び、学習活動の一環として短歌を作成、これに応募しました。以下、入選作および本人のコメントです。

   〔入選作〕

   

〔歌の詠まれたシチュエーション/歌意〕

 8月5日の淀川花火に行くはずだったのに、間違えて予定を入れてしまい、行けなくなってしまった悲しみ。

 

〔感想〕

 まさか自分のものが選ばれるとはまったく思っていなかったのでとてもうれしいです。

 

〔担当講評〕

 感情の動きを短歌の定型に落としこんだ、見事な歌ですね。入選おめでとうございます。

授業の様子がとよなかESDネット(TEN)のWeb Page に紹介されました

 

11月28日(火)、特定非営利活動法人「とよなかESDネットワーク(TEN)」による出前授業が行なわれました。GSC(グローバルスタディコミュニケーションコース)3年生の選択授業「国際理解」で、日常生活の中での国際理解を考えるというテーマで行なわれました。その詳細がTENの Web Page で紹介されましたのでご覧ください。

桜塚高校で出前授業をしました!

 

 

 

創立80周年記念式典を挙行しました

 

11月24日(金)午後1時より豊中市立文化芸術センターにて本校の創立80周年記念式典を挙行しました。当日は全日制・定時制の全生徒・全教職員が参加し、また、多くのご来賓や卒業生、保護者の方にご臨席・ご出席いただいて、盛大に80周年の節目を祝いました。式典の次第は以下の通りです。一部を写真と共に紹介します。

黙祷

亡くなった卒業生・旧職員の冥福を祈りました

桜塚ヒストリア

開校以来の歴史を写真とナレーションで振り返りました

≪ 第 1 部 ≫

開式の辞

国歌斉唱

実行委員会代表挨拶

学校長式辞

祝辞(大阪府教育庁代表様、豊中市長様)

来賓紹介

祝電披露

記念事業披露(この10年間にいただいた様々な支援等を紹介しました)

最後に、生徒自治会が中心となって全定すべての生徒・教職員で制作したモザイクアートを紹介しました

慶びのことば(全日制生徒代表、定時制生徒代表)

閉式の辞

≪ 第 2 部 ≫

全日制自治会生徒が司会を務めました

女子の旧制服の紹介をしました

第2代です。57年間続きました

軽音楽部(全日制)

軽音楽部が作詞作曲した創立80周年記念ソング「さくらの足あと」で第2部のオープニングを飾りました

部活動紹介動画①

各クラブが30秒の紹介ビデオを作成しました。これは書道部

フォークソング研究会(卒業生)

この日のために練習してくださいました

記念品のマフラータオルを振り回して盛り上がっています

部活動紹介動画②

筝曲部(全日制)

1年から3年までの部員全員が12面のお琴で一斉に演奏することは滅多にないことです

部活動紹介動画③

ダンス部(全日制)

全部で5つのチームがダンスを披露しました

空手道部(定時制)

3枚重ねの板を正拳突きと回し蹴りで見事に割りました

桂 春之輔 様 <落語家>

全日制19期卒業生です。ご自身の高校時代の思い出を語っていただきました。平成30年2月に大名跡である「桂春団治」四代目を継がれます

卒業生ビデオメッセージ(泊 真美子 様<ピアニスト>、 金澤 旭宣 様<医師>)

岩手県立大槌高等学校生徒祝辞

「さくら協定」の交流の歴史を紹介していただくとともに、これからも交流を重ね、互いに絆を深めていくことを約束しました

卒業生ビデオメッセージ(桐谷 健太 様<俳優・歌手>)

吹奏楽部(全日制)

『FLASHING WINDS』と『塔の上のラプンツェル・メドレー』の2曲を演奏しました

校歌斉唱

伴奏は吹奏楽部です

在校生、教職員、卒業生、旧職員全員で高らかに歌いました

 

この記念式典の開催にあたっては、会場の豊中市立文化芸術センター大ホールの収容定員の関係により、全日制1年生は隣のアクア文化ホールで中継映像を通して式典に参加しました。この中継作業には、滋慶学園グループ放送芸術学院専門学校様より多大なご支援・ご協力を賜りました。中継スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

カメラ4台で中継しました。iMacで映像や音声をコントロールしていました。

アクア文化ホールでの中継の様子。映像も音声もクリアでした。

1年生も2・3年生と同様に楽しんで参加していました。画面に向かって拍手したり歓声をあげていました。

記念式典終了後は同センター内にある多目的室で祝賀会を開催し、110人の方々が参加しました。皆さま、ありがとうございました。

補足

記念誌の表紙です

記念品です。高品質なマフラータオルです

80周年記念キャラクターの「桜舞花(まいまい)」をあしらっています

 

遅刻防止週間の取組をおこなっています

11月27日(月)~12月1日(金)は「遅刻防止週間」として、遅刻ゼロをめざすキャンペーンを風紀厚生委員の生徒が行っています。同時に「『こころの再生』府民運動」の一環としてあいさつ運動も行っており、啓発のティッシュペーパーも登校してきた生徒に配布しました。

軽音楽部の芸術文化祭(軽音楽部門)本選への出場が決定しました

第38回大阪府高等学校芸術文化祭出場権をかけた予選に出場していましたが、結果発表があり、本選出場権のある上位20校に入り、12月26日に藤井寺市立総合市民会館パープルホールで行われる本選に出場することになりました。本選は優勝を決めたりするようなコンテストではありません。一応、学校の所在地で南北に分けて対決をしますが、出場が決まった学校全員で一つのフェスティバルを盛り上げようという企画になっています。