校長だより

四月巻頭言

四月巻頭言

2月29日、310名が巣立って行きました。

3月15日、1,2年生がそれぞれ2,3年生に進級する終業式を迎えました。

3月23日、360名の新入生の合格が発表されました。

4月2日、13人の教職員が退職、異動により本校を去り、19人の新しいスタッフ(教職員)が本校を支えるためにやってきてくれました。

 

3月、4月は「桜」と共にやってきて、過ぎていきます。

新しい場所で卒業生もまた意欲をみなぎらせていることでしょう。

2,3年生も新しいクラス、新たな担任で新年度を迎えます。

新入生は新しい制服に身を包み、新しい靴の紐を「キッ」と結ぶ事でしょう。

4月から1単位時間が増え、月・水曜日が7限となります。 下校時刻は毎日17:45とし、少し延ばしました。

3月の終業式の日に、私は生徒たちに、 2012年 桜塚高校は 明日へ備え、文部 ぶんぶ 両道をめざす!!! という言葉を校長室に掲げた、と話しました。

明日(=あした&将来)に備え、学習や生活、を目いっぱい、きちんとやる。 文(=学習)も部(=部活動)も両立して目いっぱいやる。 明日という未来を、自分の夢に引き寄せてみせる、という宣言である、と。

今年も、桜塚高校の生徒に期待してやってください。 彼らは、きっとやります。