校長だより

韓国の姉妹校から生徒が来校

韓国の姉妹校から生徒が来校

 5月15日(火)に韓国の忠南外国語高校の生徒25名が桜塚高校に来校されました。

 4月に姉妹校協定を結んだ同校には日本語学科があり、今回、研修の一環として来日した生徒は全員が日本語学科に在籍しています。

 GSC(グローバルスタディコミュニケーションコース)の韓国語や国際理解の授業に参加し、桜塚高校の生徒と交流を深めました。忠南の生徒の皆さんは、歌やダンス、すばらしい日本語のスピーチ、そして韓国の若者たちの流行に関するプレゼンテーションを披露してくれました。

 来年3月には、忠南外国語高校訪問も含めた5泊6日のアジア異文化理解研修(韓国研修)の実施を計画しています。