国際交流・地域交流

中国の高校生と交流

国際交流・地域交流

中国の高校生と交流

11月27日、外務省の事業・JENESIS2.0の一環で、中国安徽省合肥市の高校生28名と引率の先生3名が桜塚高校を訪れ、授業交流やクラブ体験を行いました。

午後に到着した一行は、2年9組の国語のクラスに参加しました。この日の授業テーマは漢文の「論語」。中国の高校生が原文を中国語で流暢に朗読してくれました。生徒たちは英語でお互いの自己紹介をして、授業の後も歓談が続きました。

放課後、ダンス部と中国の高校生たちがお互いのパフォーマンスを披露しあった後、自治会執行部とESS部員の案内で、柔道部、合気道部、剣道部、筝曲部、茶道部などを見学し、それぞれの部員の手ほどきをうけて、ミニ体験を楽しみました。

短い時間でしたが、両国の高校生が直接言葉を交わし、お互いのことを知る貴重な機会となりました。

 

レセプションでの記念品交換

漢文の授業を一緒に受けました

中国の高校生のパフォーマンス

クラブ体験を行いました

記念撮影!

柔道部、市民大会で準優勝!

11月8日(日)、豊中市立武道館ひびきで行われた「第68回 豊中市民柔道大会」の個人戦において、部員3名が準優勝と3位(2名)を勝ち取りました。2年連続で入賞していますので、来年も入賞できるように頑張っていきたいと思います。

PTA手づくり講習会のご案内

このたび、PTAで保護者の交流の場としてブリザーブドフラワーの講習会を企画いたしましたので、下記の通りご案内申しあげます。

素敵なクリスマスアレンジを作りながら、学校のこと・クラブのこと・進学のことなど、楽しくおしゃべりしませんか?

お友達同士で また、おひとりでの参加も大歓迎です。 ていねいに教えていただけるので、初めての方も気軽にご参加ください。

多数のご参加をお待ちしております!

【 日 時 】 平成27年12月 5日(土) 10:30~12:00頃まで

【 場 所 】 本校 会議室 (南館2階)

【 参加費 】 1,200円 (当日徴収 おつりのないようにお願いします!)

【 持ち物 】 ハサミ・お持ち帰り袋(高さ18cm底直径10cm)・スリッパ

【 内容 】 ブリザーブドフラワー ボトルクリスマスアレンジ

【 定員 】 20名  (多数の場合は先着順とさせていただきます!)

☆参加ご希望の方は後日配布するプリントの申込書に必要事項をご記入のうえ 11月25日(水)までに お子さまを通して担任の先生へご提出ください!

女子バスケットボール部、北地区公立校大会決勝リーグへ

 第37回北地区公立校バスケットボール大会・予選Dブロックにおいて、桜塚高校女子バスケットボール部が4勝0敗の成績で決勝大会進出を決めました。
    【予選Dブロック 試合結果】
     桜塚 58-51 箕面
     桜塚 52-51 阿武野
     桜塚 76-47 北摂つばさ
     桜塚 57-50 北千里

女子ハンドボール部、大阪中央大会へ

11月1日(日)のハンドボール部大阪府高等学校新人大会北地区予選において、桜塚高校女子は勝ち上がり、大阪中央大会に進出することになりました。

ドイツからの短期留学生が帰国しました

日本の高校生活を体験するため、桜塚高校で2週間を過ごした短期留学生・アネ・ソフィー・オスタビューさんが、ドイツに帰国しました。9月11日(金)、最後の授業の後、教室でクラスのみんなと記念写真を撮りました。ドイツとはいろいろな点で異なる日本の学校生活でしたが、「とても新鮮で楽しく、いい思い出になりました」と語ってくれました。

東ジャワ訪問予定の3人の生徒が領事館と知事を表敬訪問

8月に実施される大阪府の高校生東ジャワ派遣事業に参加する本校の3人の生徒が他校の参加者とともに、7月23日、府庁に松井知事を表敬訪問しました。インドネシア・東ジャワ州と大阪府は友好姉妹関係にあり、この事業は両者の青少年交流を活発化させようという目的で昨年から始められたもので、今年が2回目になります。参加者全員が今回の訪問に際しての決意を述べ、知事からは「成長著しいインドネシアからたくさんのものを学び、たくさんの友人をつくってきてほしい。それらはみなさんひとりひとりにとっても、この大阪にとっても将来の財産となる」という言葉をいただきました。

これに先立って、在大阪インドネシア総領事館のバンバン・スギアント総領事代理を表敬訪問しました。その後、インドネシアと東ジャワの概要や生活習慣に関する日本との違い、歴史、文化、自然などに関するレクチャーを受けました。

東ジャワ州訪問が現地の新聞で報道されました

大阪府とインドネシア・東ジャワ州の交流事業の一環で、8月2日から6日間の予定で現地を訪問していた3名の本校生徒の様子が、現地の新聞で報道されました。

東ジャワ州の中心都市スラバヤとシドアルジョ、高原都市マランを訪問した3名は、現地の高校生や大学生と交流したり、在スラバヤ日本総領事公邸に招かれるなどの貴重な体験をしました。

新聞記事(Jawa Pos 2015年8月4日付)はこちら → jawapos.pdf 学校訪問、日本(大阪)紹介のプレゼンテーションの様子です

カリフォルニアからの短期留学生が帰国します

アメリカ合衆国カリフォルニア州からの短期留学生、Siddih Chordia さんが終業式を終え、今月末に帰国します。Siddih さんは夏休みを利用して6週間大阪に滞在し、日本の高校生活を体験するため、6月22日から桜塚高校で過ごしていました。1年生のクラスに入り、期末考査以外はすべて他の生徒と同じ学校生活をおくりました。放課後も筝曲部やテニス部に参加したり、いろいろな活動をとおしてたくさんの思い出をつくりました。アメリカに帰ってからも、今回の体験をぜひ活かして行ってほしいと思います。

メキシコの高校生が桜塚高校の生活を体験

7月8日から10日までの3日間、メキシコから2人の高校生が来日し、桜塚高校の生活を体験しました。

メキシコシティの高校生Rene君とBrendaさんは、それぞれ1年生と2年生のクラスで3日間にわたって授業を受け、放課後はクラブ体験をしたり、有志の生徒たちと様々な交流を重ねました。最終日には、民族衣装姿で華麗な民族舞踊を見せてくれました。