国際交流・地域交流

アメリカ・サンマテオ市から親善使節が来校

国際交流・地域交流

アメリカ・サンマテオ市から親善使節が来校

7月16日(水)、豊中市の姉妹都市であるアメリカ・カリフォルニア州サンマテオ市から来日中の親善使節2人が桜塚高校を訪れ、授業や昼食、クラブ活動などで本校生徒と交流しました。

両市の姉妹都市提携50周年を記念して昨年から始まった親善使節の受け入れ事業で、大学生と高校生の2人の若者が約2週間豊中に滞在し、期間中は市長・市議会正副議長表敬をはじめ豊中市内のさまざまな施設を訪問し、京都・奈良も訪れる予定です。

今回本校を訪れた2人、GUY君とCLAIREさんは、サンマテオ市のアラゴン高校の生徒と卒業生です。3月のアメリカ語学研修の際に本校生徒が訪問したのがアラゴン高校で、その時のクラスにGUY君がいたこともあり、本校の語学研修参加者と再会を喜び合う姿も見られました。

授業見学の後は、生徒自治会の有志とESS部の生徒が昼食を共にした後、放課後の学校を案内して回りました。日本の夏の暑さと湿度の高さに驚きながらも、2人はいろいろなクラブを見学して交流を深めました。

カリフォルニアの高校生が来校

7月10日(木)、アメリカ・カリフォルニア州のAmador Valley High Schoolから高校生9人と先生・保護者4名、計13名が桜塚高校を訪れ、授業に参加したり、放課後のクラブ活動で本校生徒と交流を行いました。本校卒業生が同校で教鞭をとっていた縁で始まった交流で、毎年夏に同校の生徒・先生・保護者が本校を訪れています。

今年は数学の授業に参加しグループワークを行い、本校の生徒自治会のメンバーと昼食をとった後、放課後のクラブ見学で卓球部や剣道部、筝曲部と交流し茶道部のお点前を楽しみました。

数学のグループワーク

両校生徒代表の挨拶

昼食をとりながらの交流

クラブ交流(剣道部、茶道部、筝曲部)

本校生徒がアメリカ・サンマテオ市を訪問

3月21日(金)~31日(月)の日程で実施中のアメリカ語学研修に参加している桜塚高校の一行29名が26日(水)、豊中市の姉妹都市であるカリフォルニア州サンマテオ市を訪れ、同市内のアラゴン高校の授業に参加しました。同じ日の夕方、一行はサンマテオ市役所を表敬訪問し、豊中市の淺利市長から託された親書を同市のロバート=ロス市長に手渡しました。

アラゴン高校の教室で記念写真を撮りました。

アラゴン高校の授業に参加しました。

サンマテオ市のシティホール。これから市長さんを表敬訪問します。

海外語学研修、現地からの写真です!

アメリカ・カリフォルニア州で実施中の語学研修の現地での生徒たちの様子を収めた写真が届きました。到着日はサンフランシスコ市内観光を楽しみました。24日(月)から午前中は英語の講習が始まり、午後はホームステイ先のコミュニティを散策、消防署などを訪れました。

第7回東豊台コンサートに音楽選択生が出演

3月23日(日)、豊中市立東豊台小学校体育館において、第7回東豊台コンサートが開かれました。このコンサートは東日本大震災復興のためのチャリティーで、本校音楽Ⅰ・音楽Ⅱ選択生約200名が出演しました。普段、限られた授業時間の中で、別々に合唱練習した楽曲「聞こえるよ」「きみ 歌えよ」「星屑の街」を、地域の皆さまに披露しました。

海外語学研修の事前学習会を行いました

2月11日(火)午前10時から本校会議室にて、来月に迫ってきたアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ近郊のサンマテオ市周辺に行く「海外語学研修」の第4回事前学習会兼説明会を開催しました。参加する生徒の皆さんと保護者の皆さん対象に行いました。今回訪問するサンマテオ市と豊中市とは姉妹都市提携を結び今年度で50周年になります。昨年8月には親善訪問もされました。今回の事前学習会では豊中市立伝統芸能館館長で豊中市職員サンマテオクラブ会長の 永原武敏 様に講師としてご来校いただき、「サンマテオと豊中」というテーマで映像も交え、講演していただきました。永原氏は昨年の8月の親善訪問にも同行されています。また、たまたま来日されていたサンマテオ市のノーシュアビュー小学校のPTA会長をされている ジョー・コンロン 様も飛び入りで参加いただき英語でサンマテオについてご説明いただきました。加えて、豊中市からはサンマテオ市に市の職員として以前行かれたことがあり、豊中市職員サンマテオクラブ会計幹事をされている 石村知子 様にも来ていただきお話をしていただきました。皆様方ありがとうございました。その後、今回お世話になる日本旅行からの事前説明がありました。

永原武敏 様の講演の様子です

石村知子 様からのお話し

ジョー・コンロン 様からのお話し

日本旅行からの事前説明

最後にみんなで集合写真を撮りました。

国際交流美術展開催

1月11日(土)から17日(金)まで、豊中市中央公民館で本校の美術作品と、美術作品を通じて交流を行うインドネシア・バリ島の国立ウブド第一高校の生徒の美術作品の展示が行われました。また11日(土)には日本バリ教育文化交流協会の加藤恭子さん(本校卒業生)らによるバリダンスやバリ島の紹介イベントも行われました。

バリ島の高校と美術作品で交流

インドネシア・バリ島の国立ウブド第一高校の校内に、本校1、2年生の美術作品が掲示されています。美術の授業で製作した「日本」をテーマにした作品が、この夏、現地で開かれたジャパンアートフェスティバルに出品された後、ウブド第一高校の教室や廊下に展示されました。

生徒同士のメールのやり取りも始まり、冬にはウブド第一高校の生徒の「バリ島」をテーマにした美術作品が豊中にやってくる予定です。

浅利豊中市長を表敬訪問しました

豊中市・豊中市社会福祉協議会主催の「高校生ボランティアバス」に参加した本校生徒7名が他校の生徒と共に、8月23日(金)午後4時から豊中市の浅利敬一郎市長を表敬訪問し、今回のボランティアバスに参加した報告をしました。「命の大切さ」を学んだ生徒たちは今後、桜塚高校の「語り部」としてご家族やクラスメートそして先輩や後輩にこの大震災のことを伝えてくれると思います。

自治会など本校生14人が岩手県の被災地を訪問

豊中市主催の「高校生東北ボランティアバス」に、自治会執行部の4名を含む14名の生徒が参加しました。8月18日午後5時に豊中市役所前を出発し、翌朝10時に岩手県大槌町に到着。豊中市から贈られた大槌町役場前の「大槌町復興祈念桜」の前で記念写真を撮りました。大槌町、釜石市、陸前高田市といった、津波で多くの犠牲者を出した町を訪問する旅の始まりです。

ここには、桜塚高校の書道選択者の合作パネルもありました。

その後、大槌町役場で倉庫の整理のお手伝いをしました。

大槌高校と桜塚高校は昨年「さくら協定」を結び、野球交流などを行ってきました。今回はその大槌高校も訪問することができました。玄関脇には、昨年度の文化祭で全校生徒で作った折り鶴アートが飾られていました。

大槌高校生徒会のみなさんが、津波のとき、そしてその後の避難生活について、自分たちの体験を語ってくれました。災害時に高校生たちが大きな力を発揮したことも知りました。別れ際に復興祈念桜の前で記念撮影をしました。

その後、被災した大槌町役場を見に行きました。無残な姿に津波のすさまじさを改めて思い知らされました。

次に向かったのは釜石市。ここでは仮設住宅を訪問し、集会所や各家庭にお邪魔して当時の話を伺いました。思い出すのもつらい体験なのに、高校生たちのために一生懸命語ってくださいました。別れにあたって握手をし、忘れないことを誓いました。

最後の訪問地は陸前高田市です。「奇跡の一本松」で有名になったこの町も、大槌町と同じく市庁舎が壊滅的な被害を受け、今は仮設の建物でした。

陸前高田市では図書館も津波の被害を受け、職員も書物も全て流され失われたそうです。今は高台に仮設の図書館が建っていますが、正式な図書館をつくるために「陸前高田夢プロジェクト」を展開しているとお聞きしました。桜塚高校でもこのプロジェクトに協力しようと考えています。

ボランティアバスの旅も終わりに近づきました。最後に私たちにお話し下さったのは陸前高田市の戸羽市長。市民の命を守れなかった悔しさをバネに、津波以前よりよい町をつくりたい、という言葉が印象的でした。

4日間のバスの旅は、終わってしまえばあっという間でした。被災地で生き残った人たちはみんな優しくて、高校生たちに「東北を忘れないで自分を大切にして生きてください」という言葉をくれました。これから自分はどんなふうに生きていくのか、今回の旅の出会いをかみしめながら、ゆっくり考えてほしいと思います。  (報告者 : 自治会顧問 西田)