校長だより

「しだれ桜」観賞会を行いました

校長だより

「しだれ桜」観賞会を行いました

前日が雨で天候が心配されましたが、何とか雨が上がり4月4日(土)午前10時から、本校と同窓会の尚和会共催で「しだれ桜」観賞会~地域の皆様とともに~を今年も開催しました。本校自慢のしだれ桜を地域の皆様に観ていただきながら、素敵な一時を過ごしていただこうという企画です。

先ずは、正門前で吹奏楽部の演奏で幕が開きました。その後、やはり本校の自慢の中庭である日本庭園「恩露園」と「恵風苑」の間のスペースで軽音楽部の演奏が行われました。そして、中庭西側の「恵風苑」で筝曲部の演奏を聴いていただきながら、茶道部の野点(お茶会)をご来校いただいた卒業生や地域の皆様方約300人の方々に楽しんでいただきました。皆様方ご来校ありがとうございました。

DSC0254015

受付も担当いただいた 大畠尚和会会長 と 山澤副会長です。ご苦労様でした。

小山前校長先生と共に「さくら協定締結記念桜」であるしだれ桜の前で

海外語学研修から元気に帰国しました

3月31日(火)午後2時25分に、UA35便にて、アメリカ合衆国サンフランシスコ、サンマテオ、サクラメント方面の海外語学研修に参加していた皆さんが、元気に帰国しました。一人一人が様々な貴重な経験をたくさん積んできたようです。長旅にもかかわらず、笑顔があふれていました。今年も日本に帰りたくないと思った生徒が多かったようです。また、ゆっくり現地での話を聴かせて欲しいと思います。引率の先生方、そして添乗員さん、ありがとうございました。

海外語学研修に元気に出発しました

3月21日(土)に、今年度で第2回目となるアメリカへの海外語学研修に関西国際空港から元気に出発しました。1年生から3年生までの生徒22名、付添教員2名の総勢24名で出発しました。語学研修ですので、英語の勉強をすることが大きな目的で行きます。英語漬けになるために付添教員も含めて全員が現地のホームステイを経験します。また、昨年度と同様に豊中市との姉妹都市関係にあるサンマテオ市へも表敬訪問に行きます。サンマテオにあるアラゴン高校へもアラゴン高校のご厚意で2日間、学校交流の為に訪問することになっています。こちらも昨年度に引き続きとなります。参加する生徒には積極的に様々なことにチャレンジし、貴重な経験をたくさん積んできてもらいたいと願っています。

台湾から新北市立中和高級中学校が来校されました

12月1日(月)午前中に、台湾の新北市立中和高級中学校から、校長先生以下40名の皆さんが来校されました。この学校は本校の1年生が来年度に修学旅行で学校交流のために訪問させていただきお世話になる学校です。以下のとおり、楽しく交流を行いました。来年よろしくお願いします。

生徒代表の挨拶です

本校生徒と一緒に漢文の授業を受けています

同じく漢文の授業を受けています

音楽の授業を見学しています

みんなで記念撮影です

台湾の歌を披露してくれました

黄校長先生と記念品の交換をしました

とよなか多文化フェスティバルで生徒が発表

11月29日(土)にとよなか国際交流センターで開かれた第10回多文化フェスティバル(主催:とよなか国際交流協会、豊中市国際教育推進協議会)のインターナショナル・カフェで、本校2年生の宮本愛美さんと阪口真梨さんが、美術の授業で制作したインドネシア・バリ島の民話をモチーフにした作品について、英語と日本語で発表を行いました。

桜塚高校では、昨年からインドネシア国立ウブド第一高校と美術作品の制作をとおした交流を行っています。両校生徒が同じテーマで美術作品を制作し、両校生徒の作品を並べて展示して、両国の生徒の色使いや感性の違いを「楽しもう」という趣旨の交流で、昨年は日本の風景がテーマ、今年度はウブド第一高校のあるバリ島の民話をモチーフに作品を制作しました。両校生徒の作品は1月24日(土)~30日(金)に豊中市立中央公民館(曽根駅下車)で展示され、その後はバリ島のウブド王宮で展示される予定です。

イタリアから長期留学生がやってきました

イタリアから アリアンナ サルバトリ (Arianna  SALVATORI)さんが 今日から長期留学生として本校の2年生に在籍します。1時間目の最初に放送で私から紹介し、その後、本人はイタリア語と英語そして日本語を使い簡単な挨拶をしました。彼女はイタリアのリグーリア州出身です。快活で礼儀正しい女性です。皆さん積極的に話しかけて交流を深めて下さいね。

平成26年度 ボランティアバス が出発しました

平成26年度東日本大震災支援ボランティアバスの出発式が8月17日(日)午後4時45分から豊中市役所前で行われ、東北へ出発していきました。豊中市と豊中市社会福祉協議会が主催していただいています。本校からは今年度は全日制と定時制の生徒合わせて10名と引率教員2名が参加しています。今年度は豊中市にある高等学校が本校を含めて4校参加しています。私も昨年度参加させていただいて、改めて「命の大切さ」を学ぶことができました。生徒たちには被災地の現状を知ってきてもらいたいと思います。

豊中市社会福祉協議会 会長 永井 敏輝 様のご挨拶です。

出発を前に代表で挨拶をする本校全日制生徒。

アメリカ・サンマテオ市から親善使節が来校

7月16日(水)、豊中市の姉妹都市であるアメリカ・カリフォルニア州サンマテオ市から来日中の親善使節2人が桜塚高校を訪れ、授業や昼食、クラブ活動などで本校生徒と交流しました。

両市の姉妹都市提携50周年を記念して昨年から始まった親善使節の受け入れ事業で、大学生と高校生の2人の若者が約2週間豊中に滞在し、期間中は市長・市議会正副議長表敬をはじめ豊中市内のさまざまな施設を訪問し、京都・奈良も訪れる予定です。

今回本校を訪れた2人、GUY君とCLAIREさんは、サンマテオ市のアラゴン高校の生徒と卒業生です。3月のアメリカ語学研修の際に本校生徒が訪問したのがアラゴン高校で、その時のクラスにGUY君がいたこともあり、本校の語学研修参加者と再会を喜び合う姿も見られました。

授業見学の後は、生徒自治会の有志とESS部の生徒が昼食を共にした後、放課後の学校を案内して回りました。日本の夏の暑さと湿度の高さに驚きながらも、2人はいろいろなクラブを見学して交流を深めました。

カリフォルニアの高校生が来校

7月10日(木)、アメリカ・カリフォルニア州のAmador Valley High Schoolから高校生9人と先生・保護者4名、計13名が桜塚高校を訪れ、授業に参加したり、放課後のクラブ活動で本校生徒と交流を行いました。本校卒業生が同校で教鞭をとっていた縁で始まった交流で、毎年夏に同校の生徒・先生・保護者が本校を訪れています。

今年は数学の授業に参加しグループワークを行い、本校の生徒自治会のメンバーと昼食をとった後、放課後のクラブ見学で卓球部や剣道部、筝曲部と交流し茶道部のお点前を楽しみました。

数学のグループワーク

両校生徒代表の挨拶

昼食をとりながらの交流

クラブ交流(剣道部、茶道部、筝曲部)

本校生徒がアメリカ・サンマテオ市を訪問

3月21日(金)~31日(月)の日程で実施中のアメリカ語学研修に参加している桜塚高校の一行29名が26日(水)、豊中市の姉妹都市であるカリフォルニア州サンマテオ市を訪れ、同市内のアラゴン高校の授業に参加しました。同じ日の夕方、一行はサンマテオ市役所を表敬訪問し、豊中市の淺利市長から託された親書を同市のロバート=ロス市長に手渡しました。

アラゴン高校の教室で記念写真を撮りました。

アラゴン高校の授業に参加しました。

サンマテオ市のシティホール。これから市長さんを表敬訪問します。