国際交流・地域交流

長期留学生が10か月の課程を終えて帰国

長期留学生が10か月の課程を終えて帰国

 昨年8月に来日し、9月から本校のグローバルスタディコースで学んでいたベルギーからの留学生、Anais Bauduinさんが、10か月の課程を終えて帰国しました。最後の登校日となった6月22日には、ホームルームクラスである3年1組の生徒たちがお別れパーティを開きました。

 文化祭、修学旅行、体育祭も他の生徒と一緒に楽しみ、放課後は美術部と水泳部で活動しました。留学生ということで水泳の公式戦には出場できませんでしたが、大会では出場した部員を一生懸命応援しました。ほとんど喋れなかった日本語(大阪弁?)もとても流暢になりました。帰国後は母国の大学に通うことになりますが、次は大阪の大学に留学したいそうです。その時は,桜塚高校にもぜひ遊びに来てくださいね。

DSC_0186