校長だより

秋深く

秋深く

校長  小山 正辰

先輩から「中国詩人選集」という書をいただきました。

普段古典に接する機会が少なく、李白や杜甫といった有名な詩人の詩も、教科書で習った域を出ません。せっかくいただいた詩選集ですので、気になった詩を味わってみました。

七五三の時節だからと、選んだわけではないのですが・・。

李白:三五七言

秋風 清     (秋風 清く)

秋月 明     (秋月 明らかなり)

落葉 聚 還散  (落葉 あつまって た散じ)

寒鴉 棲 復驚  (かん<冬のからす> んで た驚く)

相思 相見 知何日(相思い相見る 知るしるいずれの日ぞ)

此時 此夜 難為情(の時此の夜 じょうがたし)

三五七言:三言五言七言それぞれ二句づつ対になっている。

この詩体は李白の創作と言われている。

すでに立冬はすぎていますが、私たちの感覚は秋。紅葉を楽しむ時節です。訳もついていますので紹介しておきましょう。

「秋の風はすがすがしく、秋の月は明るい。落葉は風に吹き寄せられては、また散る。

からすはねぐらに帰ったかと思うと、ふいに驚いて飛び立つ。

思う人に会えるのは、いつの日のことか知れない。

こんな時、こんな夜、もえさかる気持ちを、どうしてよいかわからない。」

「思う人」を「希望の大学」とおきかえると受験生の気持ちでしょうか。

でも、それぞれに詩の世界を楽しめば良いですね。