校長だより

長期留学生が帰国します

長期留学生が帰国します

昨年9月に本校にドイツからやってきた ファンニー・ルチック(Fanny Luczyk)さんが、本日までで留学期間が終了し、ドイツに帰国することになりました。昨年9月に初めて本校にやってきた時は、前日に足首を捻挫してしまい松葉杖をついての登校となりましたが、元気に頑張り今日まで欠席も遅刻も1日もない皆勤で過ごしてくれました。とても素晴らしいと思います。昨年は67期生、現3年生の2年7組に在籍しました。3年生と一緒に台湾への修学旅行にも参加しました。修学旅行前の希望者対象に実施された中国語の講座にも積極的に参加したり、3月に行った英語のスピーチコンテストへも日本語で参加しました。今では大阪弁も流暢に使いこなせます。部活動ではダンス部に所属し練習に励みました。3年生では1組に在籍し、この6月に行われた体育祭では皆と一緒にブロックパフォーマンスでも一生懸命に踊りました。この10か月間で桜塚高校の生徒の皆さんと友好を深めてくれました。皆さんたちにもファンニーさんと共に過ごした思い出がたくさんあることと思います。今後は日本とドイツの架け橋になってもらえたらと思います。 ファンニー! お元気で!

終礼放送で全校生徒に最後の挨拶をしているところです。 真面目で友人思いの彼女らしくお世話になった皆さんに丁寧にお礼を述べていました。

校長室にきてもらいましたが、彼女が「みんなと一緒に桜塚高校を卒業したかった。」と語ったときは思わず涙が出そうになりました。