校長だより

2年生の人権学習講演会を行いました

2年生の人権学習講演会を行いました

昨日、本校体育館で2年生の人権学習講演会を行いました。「被災地から平和を紡ぐ」‥台湾の被災地交流と二つのイコールパートナー‥というテーマで、講師として被災地市民交流会代表の 垂水栄司 様と 神戸大学大学院工学研究科近藤研究室院生の 川上翔 様のお二人にお越しいただき講演していただきました。阪神大震災、台湾大地震、東日本大震災では公、民を問わず多くの救援隊や技術、義捐金などが台湾と日本を行き来しました。被災地支援から被災者支援、災害を経験したもの同士の対等な交流、互いに学び合う国際交流などについてお話いただきました。ありがとうございました。

2年生はつい先日修学旅行で台湾に行ってきました。様々な経験をしましたが、台北市立中正高級学校との交流では熱烈歓迎を受け感動しました。岩手県の大槌高校とは昨年締結した「さくら協定」以降交流を続けています。今年も8月にはボランティアバスで本校からは生徒14名と私を含めて教員2名が他の豊中市の高校生と共に大槌町を訪れ、大槌高校を訪問し交流しました。11月10日にはこのホームページでも紹介しましたように大槌高校と本校と大阪音楽大学との吹奏楽交流コンサートも行いました。また、来月の12月10日には修学旅行中の大槌高校の2年生が本校を訪れることになっています。今回の講演は我々にはとても親近感のあるもので 、「アート」を媒介として人の心が国境を越えてつながる様子などがよくわかり勉強になりました。講師の垂水様、川上様、本当にありがとうございました。

写真は講演会の様子です。